エクセルをワープロとして活用するために便利なアドインです。小粒ながらもポイントを押さえた実用的な機能が搭載されています。これからはエクセルで文書作成!エクセル(Excel)はルーズリーフ感覚で使用できるので、情報収集するにもワード(Word)よりも適しています。ちょっとしたメモやノートを取るために、エクセルで十分!特にお勧めの機能が目次作成機能で、目次シートからワークシートを簡単に管理することができます。

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルでワープロ > マニュアル > 是非取り入れたいエクセルのツールバーカスタマイズ

是非取り入れたいエクセルのツールバーカスタマイズ

エクセルをワープロとして使う上で活用したいツールバーカスタマイズ

エクセルのツールバーのカスタマイズ法

 エクセルのメニューバーから[ツール]-[ユーザー設定]を実行します。

 すると、次のようなユーザー設定ダイアログボックスが表示されるので、[コマンド]タブをクリックしてください。

 ダイアログボックスの左側[分類]ペインで例えば「ファイル」とか「編集」とかをクリックして選択すると、この分類毎に右側にある[コマンド]ペインにツールバーに追加できるコマンドボタンの一覧が表示されます。

 あとは、ツールバーに追加したいコマンドボタンを右側[コマンド]ペインからツールバーにドラッグすれば、ツールバーにそのコマンドボタンを追加することができます。

 一度時間があるときにどういうコマンドボタンがあるか確認してみてください。メニューバーにはないようなコマンドがたくさんあり、エクセルにはこんな機能もあったのかと驚かれると思います。

 自分がよく使用するコマンドボタンをツールバーに追加しておくと、作業効率が格段によくなります。是非お試しになってください。

ツールバーに追加しておきたいコマンドボタン

 以下、エクセルで文書作成を行う上、ツールバーに追加しておくと便利なコマンドボタンの一例を示します。

分類 コマンド 機能
書式 上下中央揃え セル内の文字の配置を縦位置で中央揃えにする
書式 セルの結合 セルを結合する
書式 セル結合の解除 セルの結合を解除する
書式 セルを結合して中央揃え セルを結合した上横位置で中央揃えにする

シートの名前を変更するためのコマンドボタンを追加する

 上の一覧表に掲げたもの以外に、是非ツールバーに追加しておきたいのが、シートの名前の変更を行うためのボタンです。

 このコマンドボタンを追加するのは、少し複雑な操作を必要とするのですが、このボタンがツールバーにあるとシートの名前の変更が簡単にでき、大変便利です。

 そこでその操作法なのですが、左側[分類]ペインで[組み込みのメニュー]をクリックして選択した上、右側[コマンド]ペインで表示されている[シート]を一度ツールバーにドラッグします。

 すると、ツールバーには下図のように表示されます。

 このとき、[ユーザー設定]ダイアログボックスは閉じないまま、ツールバーにドラッグされた[シート(H)]コマンドボタンをマウスで左クリックでしてください。

 すると、次のようになります。

 ここで表示されているメニューのうち、[名前の変更]をツールバーにドラッグします。

 ただし、このボタンには残念ながらボタンイメージはありませんので、ツールバーには次のようにテキスト表示されます。

 ボタンの名称が長いので、その名称を変更するときは、やはり[ユーザー設定]ダイアログボックスは閉じないまま、[名前の変更(R)]をマウス左ボタンでクリックして選択した上、すかさず右ボタンをクリックします。

 すると、下図のようなメニューが表示されますので、[名前(N)]のところに適当な名称を入力すれば、コマンドボタンの名称を変更することができます。

 最後に、 [シート(H)]コマンドボタンは不要ならば、ツールバーから削除しておきます。削除の仕方は、やはり[ユーザー設定]ダイアログボックスは閉じないまま、[シート(H)]コマンドボタンをツールバー以外の領域にドラッグすることでツールバーから削除できます。